ウォーターサーバーイメージ

小さな子供やお年寄りが住んでいる家庭でも安全なウォーターサーバー

最近店舗やオフィスだけでなく、普通の家庭でもウォーターサーバーを利用しているお宅がとても増えました。
とくに大家族や三世代、四世代と人数の多い家庭ではとても便利です。
我が家もウォーターサーバーをレンタルして、10年近くなります。
ほとんど使わない日は無いと言うほどフル活用しています。
まず、我が家は三世代家族なのでおばあちゃんが朝とても早起きなのでおじいちゃんと先に朝食を食べるんですが、お茶を入れる時にサーバーからお湯を出して利用しています。
そして、小さな子供たちが幼稚園や小学校に行かなければならないので、サーバーのお湯で朝食にカップスープを作ります。
次に主人がコーヒーを入れてご飯の準備をし、皆を送り出したあとは私が紅茶やハーブティーなどを入れて飲んでいます。
夏場は冷たいお水を飲んだり、主人の水割りの為に活用していますが、お湯を使う割合が断然に多いんです。
そこで1つ気になる事は、そのウォーターサーバーのお湯の温度が熱湯に近いと言う事です。
我が家には小さな子供がいるので、いたずらでサーバーのコックを押してしまったら、どうしようかと何度も心配しましたが、お湯のコックにはちゃんとロック(鍵)がかかっているので大変安心なんです。
そのコックは一旦持ち上げて押さないとお湯が出ないようになっているので、このロック機能のおかげで子供がいたずらしても、そう簡単にはお湯は出ないようになっているんです。
やはり、子供の顔の位置ぐらいにちょうどコックが付いているので、この機能はとても考えられていると思います。
それから、お年寄りも同居と言う事で心配なのがお水とお湯のコックを間違えて火傷してしまわないかと言う心配ですが、それもロック機能のおかげで心配入りません。
ウォーターサーバーを設置する際は、こういった細かい配慮がされているかと言う事がとても重要になってくると思います。
子供やお年寄りにとても多いのが、注意散漫になっていて起こる事故や火傷だと言う事は周知の事実です。
同居でもお年寄りのケガなどにはとても注意しているのですが、独り暮らしのお年寄りなら尚更、火を使用することは危険を伴います。
自炊をする事もままならないとお弁当などを配達してもらっている独居老人のお宅も多いと思いますが、やかんで火を沸かすよりかはウォーターサーバーの方が安全は高いかもしれません。
朝、昼、晩とお味噌汁やスープなどインスタントで済ませているお年寄りも、サーバーならガスや電気のように火にかけた、やかんや鍋を忘れてしまう事や手元が狂って火傷をする危険も回避できるのでとてもオススメです。
また、お年寄りだと壁に触りながら、つたい歩きをする事があります。
そこでサーバのコック部分に何気なく触ってしまい、急に熱湯が出てしまうような心配もお湯のコックにほとんどのメーカーならロックがかかってますので、安全性は心配ありません。
最近では卓上型のタイプもありますから、さらに安全性が考えられていると思います。
家族構成や、世代などを考慮して様々なタイプのものがレンタルされていますので、まずは手始めとして無料のキャンペーンなどを利用してみるのも失敗をしない方法ではないでしょうか。
また、何故水が必要なのか体の中の水の構造を見るとわかります。

Copyright(C) 2010 warter server.com All Rights Reserved.