ウォーターサーバーイメージ

一般家庭で使うにはコストが高いウォーターサーバー

病院や薬局など、衛生面が特に求められる場所にはWサーバーが設置されているのを目にする方も多いと思われます。
実際に飲料水として試飲すると、とても冷えていて美味しいお水だと感じるのです。
自分の家庭で手軽に安全なお水を飲みたいという欲求は潜在的に多数存在すると思われますが、現実問題として、Wサーバーを導入するには、Wタンクの交換サイクルによっては予想より維持費が掛かる場合があるかと思われます。
一般家庭では核家族化が進み、飲料水として飲む人数は少なく見積もって4人程、対してオフィスやお店などでは不特定多数の人間がWサーバーを利用する事があり、消費も早い事が考えれます。
最近ではWサーバーを無料でレンタルさせてくれるサービスも始まりましたが、冷蔵加熱に電気代が掛かる事、飲料水となるWタンクも使用方法によっては一般的なスーパーマーケットやコンビニで天然水飲料を買う値段とほとんど差が無い計算が出ています。
ペットボトルに詰められて売られてる天然水とWタンクに詰められて売られている加工水と何が違うのか・・・。
其処がウォーターサーバーを購入するかどうかの分かれ目では無いかと思います。
オフィスで使用されるWサーバーはしばしば中身が空っぽになっている事があり、Wタンク宅配が消費量と釣り合いが取れていないケースも見受けられます。
一般家庭ではWタンク交換の際にまだ中身がかなり残っているのに回収という場合もあり、一概にWサーバーを設置する事が便利さに繋がるとは考え難い部分もあります。
そもそも、飲める水だけなら水道水でもイオン交換機を介せばかなりの高品質な水を作る事も出来ます。
機材の値段は昔より安くなりましたが、それでも高額な買い物になります。
ただ一点、Wサーバーより優れている点は一度購入したら維持費が掛からない事が利点では無いでしょうか。
最近では逆浸透膜を用いて「純水」まで家庭で作れる機械も発売されています、その倍で作られた水とWタンクやペットボトルに封入されていた期間でPET臭や味覚に影響を与えないかという点については比較出来かねる部分があるかと思われます。
昔採用されていたガラス瓶であればWタンク内部でお水が劣化する事も考え難く、保存の観点からは最も良いと考えられます、しかしガラス瓶でWサーバータンクを作ると余りの重さからガロン瓶と同程度の重さを地上1M以上上に設置する事になり、安全上の観点からも推奨出来る事ではありません。
WタンクがPET製なのは軽量化も求めた結果の妥協点だと思われます。
故に中身の消費は早ければ早い程良い訳で、一般家庭のように消費の遅い場所には設置は不向きではないかと考えられます。
お水を飲まなければ、私達は健康を維持する事が出来ません。
衛生上の問題さえ言わなければ、山間部に流れる清流の水でも飲もうと思えば飲めなくは無い味でもあります。
無菌状態の水、なおかつ美味しい事、これらを満たしたPETボトル入の水とWサーバータンクの水。
消費者はどちらを求めるのか、売り込みを掛けるなら、普通の水道水との差別化、Wタンクの交換方法の規定等が最も求められていることではないでしょうか。

Copyright(C) 2010 warter server.com All Rights Reserved.